伊藤悠貴の父親は元アンゴラ大使、東大卒?結婚はいつ?来世はラフマニノフ!?

チェロ

チェロ奏者の
伊藤悠貴(いとう ゆうき)さん。

2023年11月
題名のない音楽会に出演されました。

そんな伊藤悠貴さんについて
気になることをまとめました。

伊藤悠貴の父親は元アンゴラ日本大使

伊藤悠貴さんのお父さんは
元・アンゴラ日本大使の伊藤邦明さんです。

2014年11月〜2016年12月

伊藤邦明さんは
アマチュアでヴァイオリンを弾かれており、

スズキメソードで
ヴァイオリンを習っていたのだそう!

在アンゴラ日本大使時代の2016年に、
カポソカ音楽学院オーケストラの日本ツアーを
実現されています。

悠貴さんも指揮とチェロ独奏で
日本ツアーに参加されています。

うたくま
うたくま

お父さんのお仕事をきっかけに
カポソカ音楽学院を訪問し
指導と交流が始まったのだそうです。

ちなみに幼少期の悠貴さんも
実は当初はヴァイオリンを習い始めています。

しかし…

自分は弾くときに立っているのに
なぜ先生は座っているんだ?

と、あまりやる気が出なかったのだそう。

そのためご両親から
そんなに立って弾くのが嫌なら…と
薦められたのがチェロだったんですね。

確かにチェロは
座って演奏する楽器だね!

また悠貴さんは
15歳のときにお父さんの転勤に伴い
ロンドンに移住しています。

日本とイギリスの音楽的な架け橋になりたいという
悠貴さんが渡英されたきっかけもまた
お父さんだったんですね。



伊藤悠貴は結婚している?彼女は誰?

伊藤悠貴さんは
1989年6月12日生まれ。

今年2023年に
34歳になられましたので
ご結婚されているか気になる方も
いらっしゃるようですね。

今のところ伊藤さんについて
結婚や恋人の話は
見つけることができませんでした。



伊藤悠貴は東大卒?

伊藤悠貴さんも
ピアニストの角野隼人さんのように
東京大学に縁のある音楽家なのでしょうか?

ちなみに東大というワードで検索される若手音楽家には
ヴァイオリニストの廣津留すみれさんや

廣津留すみれの結婚相手は?東大卒?のバイオリニスト、高嶋ちさ子との関係も!父親、兄弟は?
ヴァイオリン奏者で 起業家、著作家としても活躍されている 廣津留すみれ(ひろつる すみれ)さん。 テレビ朝日 「羽鳥慎一 モーニングショー」に 金曜日のコメンテーターとして出演されています。 けさもモーニングショーありがとうございました!駆...

ピアニストの江﨑文武さんがいらっしゃいます。

江﨑文武の彼女は誰?東大院卒のピアニスト、実家・父親・兄弟、身長は?クラシックTVに出演
ピアニストの 江﨑文武(えざき あやたけ)さん。 2023年の11月のクラシックTVに 音楽家として出演し 清塚信也さんとの2台ピアノ即興演奏が 話題になりました。 / 次回の🎹#クラシックTV🎹は✨ 「白熱討論?!ジャンルとは何か?」 \...

伊藤悠貴さんは
イギリスの王立音楽大学を主席で卒業されていますが…

「伊藤悠貴 東大」で検索されている方が
多いみたいですね。

理由は2つあるみたいです。

1つめは
2022年に東大教養学部の室内楽演奏会で
伊藤さんがコンサートをしていたから。

2つめは
なんと東大に同姓同名の伊藤悠貴さんが
理学部に在籍していたから。

同姓同名と言えば
医師の伊藤悠貴さんもいるみたいだよ!

うたくま
うたくま

3人の伊藤悠貴さんの
それぞれのご活躍が楽しみですね!



伊藤悠貴は生まれ変わったらラフマニノフの作品になりたい!?

ラフマニノフは
伊藤さんにとって一番大事な作曲家。

次の人生で違う人になれるのであれば
誰になりたい?という問いに

生まれ変わったら
ラフマニノフのチェロソナタになりたい

と答えたことがあるほど
ラフマニノフが好きな伊藤さん。

伊藤さんはラフマニノフの作品について、
あたかも自分が
この曲を書いたのではないかと思えるくらい
曲に自分を投影できると話されています。

なんと2023年11月には
伊藤さんのラフマニノフ研究20年の集大成とも言える
著書「ラフマニノフ考」が発売されます!

本の帯には
ピアニストの藤田真央さんからのコメントも!

伊藤さんが語るラフマニノフの
新しい音楽像や
どの本にも書かれていない作曲者自身の言葉が
どのようなものなのか気になりますね。

どの本にも書かれていない
ラフマニノフの言葉を
どうして伊藤さんが知っているの?

実は伊藤さんがイギリスで師事した
アレキサンダー・ボヤルスキー先生は、

実はラフマニノフがもっとも信頼を置いていたチェリスト
アナトーリー・ブランドゥコーフの
孫弟子だったのです。

うたくま
うたくま

ボヤルスキー先生の先生が、
ブランドゥコーフ先生に直接習った先生だったんですね。

ブランドゥコーフはラフマニノフの結婚式で
介添人を務めるほど親しい友人だったそうです。

ラフマニノフと同じ時代を生きた人ですから
1930年に亡くなっています。

しかしブランドゥコーフは弟子に
ラフマニノフがブランドゥコーフ自身に言った話や、
作品の背景を教えていました。

それがブランドゥコーフの弟子から
孫弟子に当たるボヤルスキー先生を通し、
伊藤さんの元に届いたんですね。

およそ100年の時を経て…すごい…!

うたくま
うたくま

まさにどの本を読んでも

出てこないような話です!

伊藤さんはそうした経験から
ラフマニノフを研究したいという気持ちが
強くなられたのだそう。

さらにそうした知識や経験を
コンサートや著作を通して
伝えようとしてくださっているんですね。



ぜひ聴いてほしい!おすすめ動画1選

1つ選ぶとしたら
やはりラフマニノフの曲を。

交響曲第2番より「アダージョ」
(伊藤悠貴編 チェロ&ハープ)をどうぞ。

また伊藤さんは
ご自身のYouTubeチャンネルもお持ちです。

気になられた方は
伊藤さんのYouTubeチャンネルやコンサート情報も
チェックしてみてくださいね。

うたくま
うたくま

CDや動画もステキですが、
生で聴く演奏も、ぜひ体験してくださいね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました